株式会社グローアップエンジニアリングポリエチレンライニング工法(PFL工法)・円形カッター工法(GMラウンドカッター工法)
地中送配電線工事、一般土木工事施工の
グローアップエンジニアリング

facebookページへ

  • 会社案内
  • アクセス
  • サイトマップ
  • 24h緊急班06-6475-4803

グローアップエンジニアリングでは注目の新工法GMラウンド工法を取り扱っております。

GMラウンドカッター工法 とは?

GMラウンドカッター工法

円形切断操作により、構造・操作共にシンプルで容易に操作することが出来るGMラウンドカッターを用して、マンホール周囲を円形に切断することで影響範囲を必要最小限にし、切断・撤去・復旧・交通開放までの工程を一連化し、施工途中における仮復旧をなくし、マンホール金蓋の取替工事を高品質で安価で施工しております。

使用材料

ラウンドベース(25kg/袋)  無収縮モルタル

ラウンドベース(25kg/袋)

●骨材にリサイクル材(高炉スラグ)を50%以上使用しており、省資源・省エネルギーの面で有効。
●現場にて水を加えて混合(攪拌)するのみ。 3.8ℓ/袋

圧着強度試験・曲げ強度N/mm2

材齢 曲げ強度 圧縮強度
1時間 3.9 12.7
3時間 5.68 23.5
24時間 6.1 30.8
7時間 9.15 81.2

 

施工例

施工の流れ 施工イメージ

TOPに戻る